大人も英単語テストでプレッシャー♪

先日の英語講座では、単語テストをしました♪

前回、英単語の効率的な覚え方を紹介してきましたが、

でも、やっぱり、最後は、

がんばって覚えるところ、必要です♪

今の講座で使っている単語帳は、こちら。


CD付 改訂版 キクタン【Entry】2000 (英語の超人になる!アルク学参シリーズ)

キクタンシリーズの一番最初。

基本の基本です。

ですが、あなどるなかれ!

結構、むずかしいんです。

単語に限らず、ですが、なにかを知っているって、何段階かあると思うんです。

たとえば、人の名前。

一言で「覚えている」といっても、レベルは様々です。

「いわれたら思いだす!」

という失礼なレベルから、

「あった人の名前はみんな覚えている!自分から名前を呼びかけられる!」

という達人レベルまで、様々。

英単語でも、

「見ればなんとなくわかる。」

というレベルから、

「自分が英語を話すときに、いつでも好きなように取りだせる」

というレベルまで、色々。

英語を話す

のが目的であれば、

この「いつでも取り出せる」レベルで単語を覚えている必要があるんです。

結構、ハイレベルです。

英語講座では、口に出したり、体を動かしたりして、

みんなで単語を覚えます。

そして。

定期的に、「テスト」を、しちゃうんです。

テストっていやな響きですけれど・・・

ただ、みなさん、すっごく優秀な方ばかりで、

毎回、ハイレベルの戦いです。

今回も、高得点を争う接戦でした。

テストっていう響きは重いですが、

こういう緊張感があると、

がんばって、覚えますよね^^

学生時代にもどって、

少々のプレッシャーを味わうのも、たまにはいいかも、しれません♪

(実際のテスト問題は、こちら)

小さくって見ずらいですが・・

英語を日本語にする、という問題は、ありません。

全部、日本語から英語にする問題にしています。

そうでないと、覚える意味が、ないからです。

そして、、以前も書きましたが、私たちが物を記憶するトリガーは、感情

良い感情でも、悪い感情でも、どちらでも、OK

記憶に、残ります。

テストで勉強した後

うれしかったこと、くやしかったこと、記憶に残ります。

だから英単語のテストをがんばるのって、結構、効率のいい学習方法なんです♪

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする