英単語はイメージ力で覚える!!

英単語は体を動かして、声を出して、覚えること。

前回の記事で、書きました。

他にもコツがあります。

英単語に限らず、ものを覚えるときに、

絶対使える方法。

それは、イメージ力

アメリカの記憶力大会の優勝者 Nelson Dellis さんは、なんと 

5分以内に300以上の数字を暗記できてしまいます。

Nelson Dellis

(参考記事:Brain World http://brainworldmagazine.com/usa-memory-champ-nelson-dellis-shares-memory-secrets/

ですがDalisさんは、「自分には特別な能力があるわけではない」、といいます。

記憶には、コツがあるんです。

Dalisさんの方法は、

——–

覚えなきゃいけないものをイメージに変換する。

そして、パソコン上できちんとフォルダに整理していくように、

脳の場所にきちんといれていってあげる。

覚えるものを、ただの文字や数字の羅列ではなく、イメージに変換することで、
意味のあることに変える。

——–

ちなみにDellisさん、なぜこんなにすごい人になったかというと、

アルツハイマー病にかかってしまったおばあさんを見てきて、

「自分は、そうならないために何かできないか」、と

考えたところから、記憶力をきたえるようになったそうです^^

起こった事は、自分次第でプラスにしていけるんですね。

そして恥ずかしながら告白しますと・・

私は小学校のとき、忘れ物ランキングで、常に、クラスで1位、2位の座についていました!

もともと、ほんっとうに、忘れっぽい性格なんです^^;

こんなですが、

必要とあらば、一気にものを覚えられます。

自慢にもなりませんが、学生時代はほぼ一夜漬けで乗り越えてきました!

そして3年前、英検1級を取りました。

英検1級の必要最低語彙数12500~13500といわれています。

学生のときならいざしらず、

大人になって、英単語のつめこみは、無理!!

私も、ものを記憶するときは ほぼ、イメージの力を、利用しています。

では具体的にどんなふうにするか、また次回以降、書きますね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする