英語の発音にはルールがあります!

すこし、私の話をさせてください。

わたしは、英語をはなすことに、ながーいこと、コンプレックスをもっていました。

理由のひとつは、発音です。

学生時代・受験期は、複雑怪奇な発音記号を暗記してしちゃいました。

だから、テストで点数をとるのは、困りませんでした。

でも。

こんな記号、どうやって、口にだせばいいんでしょう??

sístəm

わかりません!!!

なので実際に話すときは、

システム

と、バリバリのカタカナ英語 で言っていました。

あえてカタカナで書くとすると・・

スィスティム

ですよね。

システム

といわれると、たぶん、聞くほうは、理解するのが大変かと思います。

以前、わたしは、外資系の医療機器の会社で広報の仕事をしていました。

普段は英語を使いません。

ですが、その会社がアメリカの会社に買収され、

買収先の担当者による説明会やミーティングに出席することになりました。

ぜんぶ、英語です。

これが、ほんっとうに、嫌でした。

質問ひとつまともにできないんです。

がんばって聞いてみると、

「・・・なに、いっているの!?」

という顔をされ、会話が、続きません。

おかげで、英語コンプレックスになりました。

でも・・・もう一度英語をがんばろう!と決めたとき、

英語の発音にも、ちゃんと、向き合うことにしました。

とはいったものの、こんな発音記号、

æ
ɑː
ə
ɜː

ɔː
ʊ

なんとか覚えたところで、

・・・実際に、あっているかどうか、確信がもてません!!

そんな私がであったのが、

フォニックス

でした。

フォニックスは、英語の発音の覚え方ルールです。

私は最初にこれをしったとき、

目から、ウロコが、おちました。

「どうして、もっと早く、これを教えてくれなかったの!?」

と、叫びたくなりました。

考えてみると、

ネイティブの子供たちは、英語の発音をどうやって、おぼえているのでしょう??

日本語のように、書いた文字と発音する文字がちゃんと一対一で

つながっている言葉なら、発音は簡単です。

でも英語は、単語によって発音の仕方が違います。

そして、英語ってものすっごく単語数が多い言葉です。

オックスフォード英語辞典によると、最近使用された例がある英単語は約17万語

ネイティブスピーカーは、2万〜3万ワードを使っている、といわれています。*

これだけの単語の読み方を、

まさか・・ルールもなしに丸暗記しているわけ・・ないですよね。

暗記しているとすると、英語を話せる人は、

みんな大天才です^^;

じつは、英語の発音を覚えるためのルールが、あるんです。

それがフォニックスです。

次回から、詳しくかいていきますね。

*参考ページ:https://englishlive.ef.com/ja-jp/blog/language-lab/many-words-english-language/

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする