ジョリーフォニックスは、ここがすごい

フォニックスは、英語の発音とスペルのルール。

英語って、発音とスペルがかけ離れちゃった言葉です。

日本語なら「あいうえお」と書かれていたらそのまま読めばいいのですが、

英語だと、1文字=1音になっていません。

子供は音から単語を覚えて、そして、スペルを覚えます。

でも、音とスペルがバラバラだったら、

当然、英語圏の子供は、スペルを覚えるのに苦労するわけです。

かつては暗記してスペルを覚える!!という

方法が主流だったそうです。

でもこれだと、

暗記力が弱い子=勉強ができない子

になっちゃいます。

また、家でお母さんが本の読み聞かせをしてくれる子のほうが、有利です。

スペルと発音をなんとなく覚えていけます。

でもお母さんが読み聞かせをしてくれなかったり、

ネイティブスピーカーじゃないと、

それだけで、圧倒的に、不利になっちゃうんです。

日本語でもそうですが、

言葉って、勉強の基本ですよね。

英語でつまづいちゃうと、当然他の科目にも影響がでてきちゃうわけです。

英語のスペルと発音のつまづきが、

子供たちの学力に、影響しちゃうんです。

本当はいろんな才能がある子供たちが、

こんなところでつまづいて、

将来の選択肢をせばめちゃう・・って、

すっごい、もったいないですよね。

そして。

子供たちの学力の低下って・・国としても、大問題ですよね。

どうにかしようと色々な方法がとられた結果、

フォニックスという英語の単語と発音のルールが生まれました。

いくつか流派がありますが、

特にイギリスは、ジョリーフォニックスが有名です。

(ジョリーフォニックスは、現在、イギリスの約70%の小学校で導入されています。)

jolly phonics logo

じつは、英語の発音に興味をもってから、

わたしも、ジョリーフォニックスを学びました^^

(トレーニングコースCertificate 取得しました)

ほかの方法も学びましたが、今回は、ジョリーフォニックスのこと、

もうすこし書きますね。

というのも、イギリスの学校での導入結果がでていて、

フォニックスの効果が、伝えやすいんです。

ジョリーフォニックスの導入後・・

たとえば、

1年間ジョリーフォニックスをやると、従来の教え方よりも、

学年1年分ぐらいはリーディング能力が高くなっちゃう、

といった、びっくり結果がでました。

さらに。

これまで不利!!と思われていた条件の子供たちの読み書き能力が、

他の子供たちと変わらなくなりました。

お母さんに読み聞かせをたくさんしてもらえない子や、

両親があまり英語を話せない子供でも、

英語のスペルを覚えられるようになったんです!!

実験結果によりますと、

英語が母国語でない子供にジョリーフォニックスをやらせた結果、

そうでない子にくらべて、10カ月ぐらいリーディング能力が進んでいました!!

さらに他の実験結果では、

ジョリーフォニックスを学んだ子供には、脱落者がいませんでした。

でも。

他の方法でスペルを覚えさせようとした子供たちのグループは、5分の1ぐらいの子が、

ついていけなくなりました。

まさに、落ちこぼれゼロ作戦ジョリーフォニックス!!

そして。

英語のスペルと発音のルールは、こんなにもすごい威力をもっているんです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする