TOEIC対策とは、勉強の習慣化2

前回の続きにて・・。

歯磨き粉メーカーが、歯を磨くことをアメリカに根付かせるため、頑張っていた時期。

ある歯磨き粉メーカーが、歯磨き粉にミントをいれたのです。

そうすると、なんだかすっごく歯をみがいた気分になれる!

効果はさほどないのに、人間不思議です。

このミント効果を得るために、歯を磨きたくなってきちゃう。

こうしてこの歯磨き粉メーカーは大成功。

ほかのメーカーもこぞって、ミントをいれるようになったということです。

今や歯磨きは当たり前の行為になりましたが、かつてはそうではなかったんです。

つまり。

今TOEICのために勉強する時間をさけなくても、

習慣化してしまえば、当たり前のことになります。

むしろそのようが、大変じゃなくなります。

楽になります。

習慣化のコツは、3週間続けること。

そして。

できれば、なにか、それをすることで感じることと結びつけること。

ミントの効果はすっごいわかりやすいですが、

たとえば、勉強の前に必ずコーヒーを飲むとか。

アサ起きたら必ず単語を見ちゃうとか。

毎日のリズムのどこかに、スッと、TOEIC対策をいれられてしまうと、楽な上に、効果も倍増♪

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする